じむいんパパのinterest日記

サッカー好きの事務員です

なんか上手くいかないなぁ…

価格交渉の場で「なんか上手くいかないなぁ」と思うことがありました。

先日、新規で取引をしようと考えている会社の担当者さんが 初めて見積書を提示してくださいました。初めての取引であり金額の高い低いの情報を持っていなかったので(この時点で相見積もりはしていませんでした)、「見積もり価格からの値下げをお願いすることはできますか?」とお聞きしたのですが、「今までの取引で最低価格となっております」とだけ返事がありました。

値下げできるのか?できないのか? 最低価格の設定条件などの話を聞いていないので、いまいちよくわからないなぁと思いながら、

「相見積もりをとっていて、他社さんの見積金額のほうが安いんですが…」みたいな 嘘やごまかしもあまりしたくなかったので(甘いかもしれませんね…)、より妥当な条件を設定するために、本音ベースの取引交渉をと思い、

「今までの他社での取引条件(支払いサイトや発注量)は、当院への価格提示と同じでしょうか?」と尋ねてみました。が、はっきりとした返事はいただけませんでした。

こちらが本音で話せば、相手も本音になってくれる(返報性の原則)は、今回うまくいきませんでした(私の聞き方が間違っていたんだと思います…)。

今までに取引もなく、まだまだ自分自身も相手に信頼されていなかったんだと思います。
初めて見積もり提示を頂いた時点で値段交渉したことも、警戒されてしまったんだと反省しています。

まずは、信頼を上手く作りながら、win−winとなるように交渉をすることができるようになりたいと思います(当たり前のようですが、実際にやってみると難しいと感じています)。難しいからこそ、交渉を上手くできる人に価値があるのでしょうね(憧れだけで終わらないよう もう少し行動経済学や心理学を勉強していきたいと思います)。