じむいんパパのinterest日記

サッカー好きの事務員です

最近よく耳にする「リスキリングって何ですか?」

休憩時間中に、「最近、リスキリングっていう言葉を耳にするようになったんだけど誰か知ってますか?」と同僚から質問が…

私を含め、その場に居合わせた全員が首を横に(私の頭からは?マークが…)

すると一人の同僚がスマホで検索し、教えてくれました。

「リスキリングとは、働き方の変化によって今後新たに発生する業務で役立つスキルや知識の習得を目的に、勉強してもらう取り組みのこと、技術革新やビジネスモデルの変化に対応するために、新しい知識やスキルを学ぶことです。」って書いてあるよ。

新しい知識やスキルを学ぶことかぁと言いながら それぞれが自分のスマホで調べはじめました。

リスキリングをすることでどんなメリットがあるのだろう…皆んなが色々な情報を調べてみた結果、ある程度共通していたのは
・業務の効率化が期待できる
・社内に新しいアイディアが生まれる 

休憩時間に調べることができたのはここまででしたが、気になったので、勤務終了後に少しだけインターネットでリスキリングについて調べてみました。

初めに目に止まったのは、経済産業省のホームページの以下の文章。
「近年では、特にデジタル化と同時に生まれる新しい職業や、仕事の進め方が大幅に変わるであろう職業につくためのスキル習得を指すことが増えている」

なんだか転職に必要なスキルの習得みたいに感じましたが、デジタル化がもたらす新しい業務は今の勤務先でも増えてくるだろうと感じているため、もう少し読み進めてみました。

と、気になる文章がありました。

リスキリングは単なる「学び直し」ではない。リスキリングは「これからも職業で価値創出し続けるために」「必要なスキル」を学ぶこと。

どんなスキルを学んでいるのか(学ぶ必要があるのか)調べてみると、
・AIを基礎から学ぶ研修
・ITデジタル研修

自分が苦手な分野…でもきっと必要になるスキル。どうすれば身につけることができるだろうか?今後、デジタル化がさらに普及していく中で自らの価値を生み出し続けるためには、デジタル技術に関連した能力・スキルはより求められるようになると思っていますが、なかなか進めることができず悩んでいることも確かです。

いままでのOJTのような、いまある部署のいまある仕事をしながら、やり方を覚え、スキルを獲得するだけではなく、社内に「いまない」仕事、「いま、できる人がいない」仕事のためのスキルを獲得するためにはどうすればよいか?についてもう少し勉強していきたいと思います。