じむいんパパのinterest日記

サッカー好きの事務員です

学んだことを実践に活かしたい…

学んだことを実践に活かしている人に憧れます。

せっかく時間とコストをかけて研修を受けたり、書籍(ビジネス書)を読んだりしたのに…なかなか実践につなぐことができない。と感じることがよくあります。研修を受けた時は、これなら自分にもできそう。と感じることが多いのですが、やはり仕事場での実践は別物として考える必要がありますかね…

自分自身何のために学んでいるのか? 
できればダイレクトに仕事に活かしたい…と思っています。インプットすることは一生懸命してきたつもり…でも いわゆるアウトプットができていないのが現状です。

以前に比べてコストパフォーマンスよく学びに触れることができる時代。学んだことの定着率をアップするためには?どうすればいいのか?

・まずは、研修を受ける(自分自身〇〇しながら聞くは向いていないようでして…)
(研修を受ける際には、何のためにその研修を受けるのか?受講後はどうしていきたいのか?についても事前にもう少し考えていきたいと思います)
・書籍を読む
・研修や書籍で学んだことについて他人と議論する
(アウトプットが必要になる)(頭の中で整理する必要がある)
・人に教えてみる(伝えてみる)
(自分の言葉で、これって こういうこと なんだよと説明できる)

急に教えるところまではたどり着けないかもしれませんが、、学んだことを人に気軽に話してみることはできそうです(付き合ってくれる人を見つけないと…)

最近は、コロナ禍ということもあり、動画での研修がメインとなっています。動画を見るだけで学びを自分のものとして定着させるのは難しいですね。

でも、グループワークやディスカッションは比較的苦手意識が強くて…
でもこれからは、恥ずかしいから、失敗しそうだから といったことは自分の学びを止めてしまうと考えて、学んだこと(教えていただいたこと)をアウトプットする機会を積極的に増やしていきたい…

アウトプットしてみた後は、
・「何がうまく行って何がうまく行かなかったのか?」を考え、また
・「うまく行かなかったことはどう改善して行くのか?」を考える事で、
改善を繰り返し、仕事場へ反映させていきたいと思います。

繰り返し何度もアウトプットしてみること、そしてアウトプットした後について何が起きたのか?を考え、自分なりのペースにはなるけれど 学びの定着率をアップできればいいな…