じむいんパパのinterest日記

サッカー好きの事務員です

説得力のある人に憧れます。

周りの方を説得する力(話術)ってありますかね。なかなか賛成が得られなくて…休憩中に同僚から聞かれました。

説得する力…自分自身が何か周囲にお願いをするときや、取引先との交渉を進める際に意識はしているものの、同僚と同じようにいつも苦労していたのですぐには思いつきませんでした。

そのまま休憩も終わってしまったので、仕事が終わったあとで、何か参考になることがないかと考えてみました。

まずは、説得力のある人を思い浮かべるところから始めてみたのですが、その方のイメージとして思い浮かんだことは、

論理思考力、相手の立場に立っている、自分に自信を持っている(雰囲気がある)、たくさんの実績を積んでいるなどなど…

次に、自分はどうだろうか?真似できているだろうか?出来ていないことが次々と…
・空気間(緊張感)がない?
・説得する相手の関心に寄り添っているか?
・論理展開がしっかりしているか?
・因果関係がしっかりしているか?
・必要な事実が押さえられているか?

全てそうだとは思いませんが、振る舞いも説得力に関係している(振る舞いに騙されることもあるような気がしますが…)と感じました(自信、人柄、実績、外見も少なからず大切だと)。

これからは、まずは落ち着いて話してみることから始めてみようと思っています。説得力を高める上で、気をつけようと思うことは(話す前に自分自身がしなければならないこと)、

・自分が話す内容(本質的な中身)を理解する
・説得したい相手を理解する(相手から信頼されなければ説得は難しい)
・最低限の根拠を揃える
・情報収集をしっかりする(相手の関心にあった情報)相手の関心はなにか?
・視野をしっかりと広げる
・上から目線にならない(振る舞い)
・自信をもって話す(姿勢も大事)
・相手が理解しやすい構成を考える(話の構成)
・目を見て話す
・わかりやすい言葉で話す(専門用語を多用しない)
・実績がある人を味方につける(パワーを借りる)

説得する必要がある時は、相手を知り、相手が理解できるように説明する。また、信頼していただくために日頃から信頼関係を作る。説得するべき相手を想像し、また自分自身の論理思考を磨くことができるようになりたいと思います。