じむいんパパのinterest日記

サッカー好きの事務員です

企業年金の通知書?が届いたんだけど

企業年金ってわかります?」「なんか書類が届いたんですよ」

 

継続雇用で頑張っておられる、頼りになるベテランの職員さんから尋ねられました。

 

厚生年金基金のことかな?」と思いましたが、詳しく知らなかったので、一緒にインターネットで検索し、企業年金連合会のホームページで種類や確認方法について調べました。



企業年金の種類】

確定給付企業年金(規約型/基金型)

確定拠出年金

厚生年金基金

中小企業退職金共済制度・特定退職金共済制度

 

通知書に記載されていた種類を思い出していただくと、「たぶん厚生年金基金だと思う。他のは見たことが(聞いたことが)ない...」とのことであったので、該当部分をホームページで確認。



厚生年金基金は、公的年金である厚生年金と混同されやすい。正社員のみならず、パート社員や契約社員でも厚生年金基金に加入していることがあるとのこと。

確認方法は、

・給与明細を見る

厚生年金基金だよりが届く

・「ねんきん定期便」を見る

企業年金連合会で確認する

就業規則、退職金規程等を見る

・会社の人事・総務の担当者へ確認する

 

既に、加入していたと思われる勤務先は退職しているため、厚生年金基金だより、あるいはねんきん定期便で確認するのが良いとの結論に至りました。

 

もう少しインターネットで調べてみると、

 

最近は印刷された「基金だより」の発行ではなく、厚生年金基金のホームページで情報を提供する基金も多くなっているとありました。基金だよりは、受け取っていないかも...

 

となれば、確実なのは「ねんきん定期便」。

「届いていたような気がする。封開けてないけど...」

 

誕生日を聞いたところ、今月であるとのことであったので、帰宅後、ねんきん定期便を確認していただくことにしました。加入実績がある場合は、「加入履歴」のところに厚生年金基金の加入期間が書いてあるようです(自分も定期便をじっくりと読んだことがなかったので、次に届いたときは確認してみようと思います)。

 

企業年金については、日々の実務レベルで経験することがないため、知らないことばかりでした。 厚生年金についてもわかっているつもりの可能性があります。少しずつ勉強を続けて、尋ねられることがあった時には、今よりも分かりやすく(詳しい)説明できるようになりたいと思います。